食事・健康

誤嚥性肺炎の予防には横向き寝専用枕が簡単で効果的!

誤嚥性肺炎,予防
誤嚥性肺炎,予防

誤嚥性肺炎の予防方法について調べていますか?

 

このページでは「誤嚥(ごえん)性肺炎に横向き寝が効果的」という話題を紹介します。

[st-kaiwa3]簡単にできる方法は横向きに寝る方法です![/st-kaiwa3]

 

横向き寝を保つ専用枕はコチラ

 

肺炎で死亡する人の9割を占める「誤嚥性肺炎」

誤嚥性肺炎,予防

風邪をこじらせると怖いのが肺炎ですよね。

肺炎という病気は実は脳卒中を抜いて「がん」「心疾患」に続く“日本の三大疾病”のひとつとなっています。

中でも、冬になると肺炎が原因で死亡する人が増加します。

その9割が「誤嚥性肺炎」と言われています。

落語家の桂歌丸さんが今年9月に救急搬送されたのも実は「誤嚥性肺炎」でした。

退院した歌丸さんは“息が吸えなくて死ぬかと思った”と語っていましたね。

「誤嚥性肺炎」の症状がかなりの苦しみを伴うといわれています。

 

誤嚥性肺炎が起こる原因の7割は睡眠中にある

誤嚥性肺炎,予防

誤嚥性肺炎がおこるタイミングは睡眠中が最も多いとされています。

誤嚥性肺炎とは、本来食道に入るべき飲食物が誤って気道に入ってしまい、雑菌やウィルスなどが肺で炎症を起こすことにより発症します。

本来食道を通るべきものが気道に入ると、一気にむせてしまい、誰でも「気道に入った!」と自覚できますよね。

しかし実は、本来食道を通るべきものが“無自覚に”気道に流れ込む事態が睡眠中に密かに発生しています。

眠っている間に唾液や胃酸が静かに気道に流れてしまっているんですね。

これに気がつかないことが非常に多いのです。

誤嚥性肺炎の7割が、睡眠中などで意識がない中、気づかぬうちに唾液や胃酸などを誤って繰り返し気道に送り込んでしまい、肺炎を引き起こしているパターンが圧倒的に多いといわれている理由です。

[st-kaiwa3]高齢者に多いと思われている誤嚥性肺炎は実は40代から注意が必要な病気です。[/st-kaiwa3]

 

誤嚥性肺炎の予防方法は?

誤嚥性肺炎を予防するにはどうしたらいいでしょうか?

それは、睡眠中に誤嚥がおこることを防ぐことが効果的です。

2017年11月10日のTBS「ビビット」で「誤嚥性肺炎」をテーマに放送された内容で紹介されたのが「寝る時は左側を下にするのが効果的」というもの。

呼吸器内科専門の医師が紹介していました。

食後は右側を下にして寝るのがよいという話もありますが、消化した後に「左側を下」にして寝ると胃酸の逆流も防止できるそうです。

誤嚥性肺炎,予防

寝ているときは無意識ですから、自然に横に寝る姿勢を保ってくれる横向き寝専用まくら「YOKONE2」などの商品を活用するのが安心ですね。

[st-kaiwa3]枕なら気をつけていなくても誤嚥性肺炎が予防できます[/st-kaiwa3]

安眠のための横向き寝専用まくら「YOKONE2」

 

関連記事

認知症のワクチン誕生【新薬】50歳から予防接種・軽度なら回復も