ペット

犬のうつ病治療薬の通販│アナフラニールジェネリックが安いです

犬,うつ病,薬
犬,うつ病,薬

犬のうつ病で悩んでいますか?

犬のうつ病の治療薬にはアナフラニールがあります。

ネット通販でアナフラニールジェネリックが購入できるので、ジェネリックのほうが安いです。

このページでは、犬のうつ病治療薬の「アナフラニールジェネリック」について紹介しますね。

[st-kaiwa4]犬もうつ病やパニックになるんです[/st-kaiwa4]

アナフラニールジェネリック通販はこちら

アナフラニールジェネリックとは

犬,うつ病,薬

アナフラニールジェネリックは、うつ状態、パニック状態、強迫神経症、恐怖症などの症状改善に使用される治療薬「アナフラニール」のジェネリック医薬品です。

有効成分であるクロミプラミン塩酸塩は、脳の機能を調節する物質(ノルアドレナリン、セロトニン)の働きを活発にし、意欲を高め、憂鬱な気分を改善するといわれています。

動物医薬品としては、犬の分離不安症改善のために使用されます。

犬の分離不安症は、飼い主が外出し、犬が一人ぼっちの状態になった時に、強い不安を感じてしまうことが原因といわれています。

不安を感じている犬は、その不安から吠え続けたり、室内犬の場合は、パニックになり室内をめちゃくちゃに破壊したり、おねしょをしたりします。

また、下痢や嘔吐、食欲不振、食糞といった病気のような症状を示すケースもあるようです。

本来、犬は群れで生活をするため、孤独に弱く不安になりやすい傾向があると言われています。飼い主さんが一緒にいる時には、この分離不安症の症状は起こらないと言われています。

アナフラニールジェネリックは有効成分の働きにより犬の分離不安症の改善に使用される治療薬です。

↓送料無料です

アナフラニールジェネリック通販はこちら

 

使用方法と注意事項

もともと「アナフラニールジェネリック」は人間用の医薬品ですが、動物医薬品としても使用されています。使用については獣医師の処方と診断を受けましょう。犬に対しての使用量は、体重1キロにつき2-3mgを1日2回使用します。

開封後の薬の保管は直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。必ず獣医師の処方と指導をうけて、ご使用ください。発疹などのアレルギー症状があるペットへのご使用は控えてください。緑内障、眼内圧亢進、心臓疾患、尿閉、排尿困難、甲状腺機能亢進症、痙攣性疾患、躁うつ病、脳の器質障害、統合失調症、副腎髄質腫瘍(褐色細胞腫、神経芽細胞腫)、肝障害、腎障害、低血圧、便秘があるペットへのご使用は控えてください。

 

アナフラニールジェネリックの副作用

アナフラニールジェネリックの副作用は、眠気・口の渇きや便秘などが報告されています。

 

まとめ

犬,うつ病,薬

犬のうつ状態、パニック状態、強迫神経症、恐怖症などの症状には、アナフラニールジェネリック治療薬があります。

[st-kaiwa4]通販なら送料無料で安く購入ができますよ。[/st-kaiwa4]

↓送料無料です

アナフラニールジェネリック通販はこちら

 

関連記事

犬の分離不安症に効く薬『クロミカルム』はネット通販が安いです

犬を落ち着かせる薬 不安やストレスを和らげてくれる薬があります

犬の留守番カメラ【Furbo(ファーボ)】外出先からおやつをあげられる♪