ペット

猫の肥満細胞腫について【手術しない時の薬はどうする?】

猫,肥満細胞腫,手術しない
猫,肥満細胞腫,手術しない

猫の肥満細胞腫で手術をしない時…

家でどういうケアをしてあげたらいいか迷いますよね。

猫の肥満細胞腫は良性であることが多いです。

しかし、良性のままでも全身に転移することもあります。

良性と診断されても安心はできないんですよね。

そこで、うちでは手術しないと決めたとき、肥満細胞腫の治療薬【グリベック】をのませています。

[st-kaiwa4]グリベックは通販で購入できる、悪性腫瘍や肥満細胞腫の薬です。[/st-kaiwa4]

ジェネリックグリベック通販はこちら

グリベックのジェネリックとは?

うちであげているのは、ジェネリックグリベックです。

グリベック錠のジェネリック医薬品ですね。

成分や期待される効果は同じです。

有効成分はイマチニブで、悪性腫瘍や肥満細胞腫の治療に使われる犬猫兼用の薬です。

ジェネリックグリベックは、各がん細胞が持っている特定の分子(変異遺伝子、変異たんぱく質)のみに、直接働いて癌細胞が増えるのを抑える分子標的薬です。

ジェネリックグリベックに含有されている有効成分のイマチニブは、肥満細胞腫の増殖に関係する特定のたんぱく(KITチロシンキナーゼ)の働きを特異的に阻害することで、肥満細胞腫の増殖を抑えます。

分子標的薬であるイマチニブは、副作用が比較的少ないのが特徴です。

[st-kaiwa4]副作用は報告されていませんが、認められた場合はすぐに獣医さんの診察をうけてくださいね。[/st-kaiwa4]

ジェネリックグリベック通販はこちら

 

ジェネリックグリベックの効果は?

犬猫の医薬品・サプリ通販サイト「うさパラ」の口コミでは、

  • 腫瘍が小さくなった気がする
  • 海外からの配送だけど早くてよかった
  • 動物病院で買うより断然安い!

と、みなさん購入されてよかったみたいですね。

通販は送料無料です↓

ジェネリックグリベック通販はこちら

 

猫の肥満細胞腫はどうしても手術しないとダメ?

猫,肥満細胞腫,手術しない

肥満細胞腫で「手術が必要です」と言われてショックをうけていませんか?

中には、脚にできた肥満細胞腫のために、「脚を切断しないといけない」と言われる方もいます。

猫の肥満細胞腫は良性のものが多いと聞きますし、良性なのに脚を切断するなんて、飼い主としては絶対にイヤです!!

皮膚にできる肥満細胞腫はおもに2つのタイプになります。

局在型か瀰漫型の違いです。

局在型とは病巣が限られた場所にかたまってあることです。

瀰漫型の読み方は「びまんがた」で、広く蔓延している状態です。

局在型の場合、その腫瘍部分の切除をして良性か悪性かの判断をします。

良性だったら手術はとりあえず不要でしょう。

また瀰漫型であっても、化学療法などの治療法があります。

ですから、まずは詳しい検査をしてみて、肥満細胞腫が良性か悪性かを判断するのが最初になります。

そして血液検査をして、異常な脂肪細胞がない検査をすることになります。

またX線や超音波検査で、臓器に異常がないかも調べます。

癌細胞が増えるのを防ぐ薬↓
ジェネリックグリベック通販はこちら

 

関連記事

猫肥満細胞腫
猫の肥満細胞腫について【検査方法・悪性と良性・皮膚型と内蔵型の違い】 このページは猫の肥満細胞腫に書いています。 私の友達の愛猫が肥満細胞腫と診断された時のお話です。 耳のイボが肥満...
猫の肥満細胞腫
猫の肥満細胞腫の治療について【治療法・治療費・手術費用の目安】 [st-kaiwa2]猫の肥満細胞腫について教えてください。[/st-kaiwa2] [st-kaiwa3]治療法や治療費...




ペットの医薬品やサプリメントを安く購入

当サイト限定
200ポイントクーポンコード REH3GHF6
※ 会員限定・有効期限 2017/9/1(金) 〜 11/30(木)

クーポン対象商品の一例
目のにごり、白内障に…↓
C-NAC(クララスティルと同内容)

↓本家のクララスティル(返金保証あり)はこちら