ペット

猫のためにしてはいけないこと

猫の為にしてはいけないこと

[st-kaiwa2]猫の為にしてはいけないことってありますか?[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa4]たくさんあるので、気をつけてあげましょう![/st-kaiwa4]

猫の為にしてはいけないこと

猫が嫌がること、してはいけないことを見ていきましょう!

 

猫のためにしてはいけないこと

それはたくさんあります。

猫が嫌がることをしてしまうと、猫にとってとてもストレスになり、最悪命に関わることもあります。

人間の都合をなんでも押し付けてはいけません。

互いに寄り添って共存していけたら、とても素晴らしいことですよね。

様々なジャンルに分けて、猫の為にしてはいけないことを紹介します。

 

猫にあげてはいけない食べ物

猫の為にしてはいけないこと

まずは、食べ物に関してですが、猫に食べさせると中毒を起こしてしまうものが数多く存在します。

例えば、チョコレートやネギ類、ブドウ、エビ、カニ、貝類などです。

それから、人間の加工食品は猫にとっては塩分や糖分が非常に高いのです。

これらを食べさせてしまうと、嘔吐や下痢、ふらつき、溶血性貧血の原因や急性腎不全などの症状が現れます。

命に関わりますので、むやみに与えてはいけません。

猫が「可愛いから」「ほしがるから」という気持ちはとてもよく分かります。

ですが、そこは猫達のためにもグッと我慢し、キャットフードや猫用のおやつのみ栄養管理を行ってほしいと思います。

 

芳香剤・消臭剤・アロマオイル

猫に芳香剤はよくない

次に、芳香剤や消臭剤、アロマオイルなどの使用はなるべく避けてあげてください。

猫の皮膚は薄いため、すぐに成分が体に吸収されてしまい、吐き気、食欲不振、倦怠の原因になります。

 

ハンドクリーム

猫ハンドクリーム

 

また、冬にはハンドクリームを使う方が多いと思いますが、これも猫を触る前には使用を避けましょう。

ハンドクリームが猫の毛に付着し、それを毛づくろいすると、同じように体調を崩す原因になります。

 

大きな声

猫の為にしてはいけないこと

 

他にも警戒心が強く音にも敏感なので、大きな声で騒いだりしつこくすると、猫はかなりのストレスを感じてしまいます。

猫はツンデレと言われていますが、基本的に撫でてもらうのは好きなので、優しく撫でてあげてください。

 

まとめ

猫の為にしてはいけないこと

猫の為にしてはいけないことをまとめてみました。

これらのように、猫のためにしてはいけないことを頭に入れながら、ゆっくり時間をかけて良い関係を築いてくださいね!