ペット

猫の悪性リンパ腫について 治療方法(ステロイド・抗がん剤)と治療費用について

投稿日:2017年2月19日 更新日:

猫の悪性リンパ腫について調べていますか?

このページは、猫の悪性リンパ腫について解説しています。

治療方法や治療費、安く買える医薬品【グリベック錠】について知っておくことは、治療費を安くおさることと猫ちゃんの健康に役立ちます。

悪性リンパ腫の完治は難しい~余命と生存率~

いきなり重い話ですみません。

私の知り合いが飼っている猫が体調不良のため病院にいくという電話を受けてからしばらくしてまた電話がありました。

検査したところ悪性リンパ腫になっていたことが分かり、完治が難しいということの報告を受けました。

私は、突然の電話で、いきなり悪性リンパ腫で完治が難しいといわれたため「なぜ完治しないって言われたの。」と聞くと知り合いは、先生から「悪性リンパ腫は全身にできるがんのためすべてのがんを治すことは難しいから完治が難しい。」と言われたと答えました。

私がそれほど重い病気だとはじめて知りました。

 

その後、知り合いは先生から完治について話したそうです。

治療をして、2年の生存率が46%だという話もあったと言いました。

そして、悪性リンパ腫と診断されて治療をしても、余命を宣告される猫が中にはいることも先生が言っていたと言いました。

悪性リンパ腫になった場合の余命は、病気が進行する早さにもよるけれど、平均余命は5~6ヶ月だそうです。

知り合いは、完治は難しいことや、生存率、平均の余命について分かったとき、とてもショックだったと言っていました。

大切にしていた愛猫で、家族同然なので、そうとうショックだったでしょうね。私も胸が痛くなりました。

 

 

治療内容と治療費の目安~ステロイドと抗がん剤~

知り合いの話によると、猫の悪性リンパ腫の治療の最初は、「主に抗がん剤で治療を始めます。」ということです。

抗がん剤と伝えられた後、先生は「代表的な治療法が抗がん剤ですが、ステロイドという他の治療方法もある。」とも言いました。

初めは、抗がん剤の治療が主と聞いたとき、抗がん剤の治療をずっとしないといけないのかと思ったらしいのですが、他の治療法もあると説明されました。

自分が飼っている猫は高齢なので、抗がん剤に耐えられるかどうかわかりません。

考えた知り合いは、担当の先生に「抗がん剤をあまりしないで、ステロイドという治療法がるならそちらを主に治療して欲しい。」という意思を伝えました。

なぜ先生に知り合いがこのように伝えたかというと、抗がん剤には副作用が強いからです。

その症状は、人間が抗がん剤を受けたときとは少し違う副作用が出ます。

人間の場合は、嘔吐や髪の毛が抜けるなどといった症状ですよね。

しかし猫の場合、食欲をなくし、元気がなくなるという症状が出てきます。

また主な治療法の抗がん剤を初めから受けると決めていても、副作用があまりにも酷い場合が、途中でステロイド中心の治療法に変更することは可能です。

ステロイドという薬は抗がん剤と比べると副作用を抑えることができます。

抗がん剤のように副作用を抑えることはできますが、それでも副作用はあります。

抗がん剤よりもステロイドの方が猫にとって治療の辛さは軽減します。

 

 

悪性リンパ腫の治療費

悪性リンパ腫の治療費についてですが、治療費は大体20万円からです。

20万円からというのは、たいていそれ以上かかるということです。

使う薬やその量によっても金額は、変わってきます。

金銭面が厳しいと思う方は、自分が払える金額で治療法がないか先生に聞いてから治療を始めることも一つの方法だと思います。

治療内容が決まった後、実際に治療を始める前に大体いくらか見積もりを出してもらうのをおすすめします。

そうすることで、ある程度の金額を知ることができて安心できると思います。

また、今では治療法や薬の選択肢が広がったので、治療費が安くても様々な治療を受けることができます。

少しでも疑問に思ったことや不安なことは、先生に相談しましょう。猫ちゃんの命にかかわることですから、遠慮はいりません。

 

 

猫の悪性リンパ腫の薬「グリベック錠(抗悪性腫瘍薬)」について

グリベック錠は、ガン細胞に効いてその細胞が増えることを抑えてくれます。
また、副作用はありません。

副作用がないため抗がん剤などの治療で食欲がなく、元気がない姿をこれ以上見たくないと思ったら先生にこれが使えるか聞いてみるのもいいと思います。

治悪性リンパ腫と診断されたときに獣医さんからグリベック錠について話がなければ、自分から言ってみるのもいいと思います。

これを使うことで、がん細胞が小さくなり元気な細胞は攻撃しないため体調が悪くなりません。

知り合いが飼っている猫も高齢ですが、この治療法なら副作用もなく、辛い思いをせずに治療をできるということで、グリベックの錠の治療も始めました。

私が病院に行ったとき「治療をしていても元気があることはとても嬉しい。」と言っていました。先生と相談して、猫のことも考えて抗がん剤をやめグリベック治療に変えてよかったとも言っていました。

新しい治療法を試してみるのも一つの方法です。クリベック錠の治療も知ることで治療に少しでも前向きになってくれたら嬉しいです。

ジェネリック グリベック錠の通販はこちら【送料無料】

↓うさパラ通販を利用したときにもらったプレゼントのタオルです。

 

 

まとめ

これまで、悪性リンパ腫の完治が難しいこと、余命、生存率、治療内容と治療費の目安、グリベック錠について紹介しました。

愛する猫が病気になるだけでも辛いのに一気にいろいろなことを受け入れるのは簡単なことではありません。

いろいろなことを振り返らず、今は希望を捨てないことが大切です。

今後のことについて担当の先生と話したりや家族や相談できる人にたくさん相談してみてください。

相談することで、抱えている不安を解決することができます。

病気の予防には、普段から免疫力をあげることが大事です。

-ペット,
-, , , ,

Copyright© 主婦ナビ【美容・お金・子供】綺麗とお得最新情報 , 2017 AllRights Reserved.