ペット 生活のこと

犬の分離不安症に効く薬『クロミカルム』はネット通販が安いです

投稿日:2016年12月14日 更新日:

犬の分離不安症で困っていますか?

このページは犬の分離不安症に困っている飼い主の方むけに『犬の分離不安症の症状とその対処法と薬』をテーマに解説しています。

犬の分離不安症は対処方法があります。

飲むだけで症状を抑えてくれる薬もあるので愛犬の状態に合わせて選んであげてくださいね。

犬猫分離不安症の治療薬 アナフラニールジェネリック

 

犬猫分離不安症の薬 クロミカルム(Clomicalm)

犬の分離不安症とは

私は姉夫婦の愛犬が、分離不安症になってしまったことがあります。

分離不安とは、いわゆる心の病と言われているそうで、飼い主がそばから離れたり、外出したりすると、不安や寂しさから吠え続けたり、物を壊したり、不適切な場所での排尿・排便などをしてしまうことです。

姉夫婦も言っていましたが、一緒に居る時は問題行動はありません。

離れたり、留守番をさせたりすると悪い子になってしまうんだそうです。(出掛ける準備を察すると問題行動が開始されると言っていました)

これを聞いて、私は安易に人間の子供みたいで可愛いな、なんて思ってしまいました。

しかし、犬にとっては不安や寂しさの現われですし、飼い主にとっても苦労することが多いので、もしかしたら我が家の犬も分離不安症では?と感じた方は早めの対応をしてください。

 

犬の分離不安症の原因

犬分離不安症サプリ薬

なぜ、分離不安になってしまうのでしょうか。

原因については様々あります。

例えば、飼い主の生活パターンの変化や引越しによる環境の変化、過度な飼い主の愛情(子煩悩ならぬ犬煩悩というやつでしょうか)、留守番中に恐い体験をするなどのトラウマなどです。

正直、個体差もありますので予防といった対策が、なかなか難しいのかなというのが、個人的な感想です。

最後に改善、治療方法をご紹介しておきます。

効果的と言われているのは、適度な距離感で接する(愛情過多にならぬように)、トレーニングの実施(しつけ、訓練等)、動物病院での治療(精神安定剤などの投与)だそうです。

姉夫婦の愛犬は、トレーニングの実施と薬の投与でほぼ改善されたと言っていました。

いまでは、姉夫婦の外出時も大人しく寝て、良い子にお留守番してくれているそうです。

 

犬の分離不安で困ること~留守番ができない

犬,分離不安症,サプリ,薬

犬という動物は、一般的に「群れ」をつくって集団で行動をする習性があります。

そして犬の多くは、独りきりのような状態になると大きな不安を感じる傾向があると考えられているのです。

こうしたことによって、「飼い犬」というのは家の中で少しの間でも、一匹だけになってしまうと不安や怖さを強く感じて、飼い主と一緒にいる時にはあまり起こさないような、「問題行動」を起こしてしまう場合があるのです。

そのようなことを「犬の分離不安」と言います。

そのために、犬は「単独で行動することが苦手」だという面があるので、家庭生活において飼い主が外出をしなければならない時などに、「きちんとした留守番がなかなかできない」ということがあります。

これは飼い主の方にとって、困りものになってしまうことだと言えるのではないでしょうか。

例えば、留守番をするという時に関する犬の分離不安には、次のような事柄が挙げられます。

  • 『普段は飼い主の言うことをしっかりと大人しく聞いてくれるのに、留守番をすることになると、落ち着きがなくなり家の中を何かと動き回っていたり、「洋服や小物類」などを散らかすといったイタズラをしたりすること』
  • 『いつもだったらきちんとトイレのところに行って用を足せるのに、留守番中になると失敗をしてしまっている状況が多いこと』
  • 『飼い主が犬に「しっかりとお留守番をしていてね」などと声を掛けて、外に出掛けていこうとする時に、突然にソワソワとした様子で吠え出したり、しばしば飼い主の近くに寄ってきてしまったりすること』
  • 飼い犬がこれらのような行動をしているという場合には、分離不安を起こしてしまっていると言えるのです。

そして、分離不安を起こして留守番ができないといった状態が続くとなると、飼い主の方々にとってストレスや、心配の種になってきてしまうことでしょう。

また、こうしたことは普段、可愛がっている飼い犬にとっても、ストレスになっていくので良い状態とは言えません。

ですから、これでは困りますよね。

飼い犬にきちんと留守番ができるようになってもらうためには、単に「留守番をすること」というのは決して何か特別な状況や、生命への危険性が高い状況などではないものなのだと認識させていくことが重要なのです。

まずは、飼い犬にできるだけ早いうちから、「短い時間での留守番」というものを少しずつ体験させていきましょう。

例えば、「朝などに家庭で出たゴミを捨てに行っている時間」や、「ちょっと家の近所のスーパーやコンビニにまで買いものに行っている時間」に留守番をしてもらうのです。

そして、外出をしなければならない日の朝方や、その前日の夕方などには、普段よりも「少し長時間のお散歩」などの運動をさせておくことが、犬の分離不安の改善・解消には効果的なのです。

飼い犬のストレスや、活動エネルギーを程よく発散させてあげると、留守番をしている時には、比較的に静かに落ち着いた状態で過ごすことができます。

また、出掛ける直前に、必要以上に可愛がって声を掛けたり、ドタバタと慌しくして逃げるような振る舞いをしたりすると、犬は返って不安感を持ってしまうことが多いです。

よって留守番をさせるという時は、出来る限りに穏やかに、さりげないように外出をしていくと良いでしょう。

普段、大切な飼い犬との生活をする中で「私が飼っている犬は、留守番ができない」と困っている皆さんは是非、このような対処方法を活用してみて下さい。

 

犬の分離不安症による粗相

犬の分離不安、飼い主が出かけてしまい姿が見えなくなると過剰な不安を起こしいろいろな症状が出てきます。

寂しがり屋、甘えん坊ともいえますがその度合いによっては酷ければ、分離不安症になります。

その不安が酷いときには飼い主がトイレ行くなど別の部屋に行っただけでもパニックを起こしてしまう犬もいます。

 

犬の分離不安の1つ粗相

普段は決められたトイレスペースできちんと排泄できているのに飼い主が出かけていないときにベッドの上やカーペットの上で粗相されていることがあり、これは分離不安の症状だと考えられています。

飼い主がずっと犬の側にいるわけには行きません。出かけて帰ってきたらまずおしっこの片づけが待っている現状。飼い主も疲れていますが、犬もわざともらしているわけではないのです。犬もかなりストレスを感じています。

犬にも留守番はなれさせないといけません。5分10分など短い時間から始めてみてはどうでしょう。

飼い主が少しずつ外出してなれさせていきます。はじめは数分の外出でもどこかに必ずおしっこをしています。

それを1日に何回もやります。そのうち毎回ではありませんが粗相をしない日も出てきます。

そのときは沢山ほめてあげ、飼い主もすごくうれしそうな顔を犬に見せましょう。

そのようにして分離不安による粗相を抑えた人もいます。

 

犬の分離不安症で多い無駄吠え

犬,分離不安症,サプリ,薬

飼い主がそばにいないことで過度な不安から無駄吠え、粗相、破壊行動を起こしてしまう分離不安があります。

飼い主が外出などして姿が見えなくなると困ったことになります。

犬の無駄吠えは飼い主にとっても大変困ります。外出していないときに吠えるのでご近所迷惑になります。

 

無駄吠え

飼い主が出かけてしばらく吠える犬は多いですが、分離不安の犬は声がかれるほどいつまでも吠えていますし、ひどいと遠吠えまでするケースもあります。

飼い主は外出していてその状況が分からないのです。ご近所からの指摘で気がつかれる方が多いです。

以前私の隣に住んでいた方が夜のお仕事で出かけて、私が寝る頃から隣の犬がずっと吠えていました。毎日です。

そのときはほとんど眠れませんでした。1週間位したら犬が吠えなくなりました。

他のご近所の人が飼い主に指摘して、その方は夜のお仕事を減らしていました。その犬も分離不安で無駄吠えをしていたようです。

犬にとってのストレスを感じさせないようにするといいですよ。

犬は自分でいえないので飼い主が時間を決めきちんと生活することが大切です。

例えば、散歩、散歩は時間をかけのびのびとさせてあげましょう。

食事は必ず決まった時間にする、外出先から帰ったら犬とスキンシップを取り遊んであげるなどしてあげることです。

 

分離不安症の犬のしつけ方法

犬,分離不安症,サプリ,薬

そばに飼い主がいないと我慢ができない、粗相などの問題行動を起こすのが分離不安症です。飼い主と犬、共に困った状態です。

こうなる原因は一般的に病気ではなく、飼い主の過剰な密着です。その結果、犬が飼い主へ大きく依存してしまったことです。いつも一緒、可愛がり過ぎる、気にかけ過ぎる、家族以外との接触が少ないなどが挙げられます。つまり飼い主がこのようにしつけてしまったと言えます。

こうならないしつけの基本は「付かず離れず」で、以下の通りです。

  1. 朝起きてもおとなしくなるまでは無視。帰宅しても自分の用事を先にする。落ち着いてきたら声かけ。
  2. 初めは5分くらいから、黙って外出する。徐々に外出時間を伸ばしていく。
  3. 散歩やえさの時間をランダムに変えてみる。
  4. 出かける準備や振りをする。
  5. スキンシップは言うことを訊いたときのみ。

要は犬に構い過ぎないことです。

子犬ならば、今のうちに以下の3つの訓練も行うと良いでしょう。

  1. 突然大きな音を聞かせてみる(その時、飼い主は平然としていること)。
  2. 多くの人や他の犬に会わせる。
  3. ペットホテルなど、飼い主以外に面倒を見てもらう。

ただしこれは予防です。

すでに分離不安症の場合は、これを行うと悪化する恐れがあります。

その時は獣医さんや行動学専門のトレーナーに相談しましょう。

愛犬が可愛い気持ちはよく分かりますが、だからといって分離不安症になっては逆に可哀想です。

正しくしつけて良い関係を築きましょう。

分離不安症の犬のしつけ方法とは、結局飼い主の心構えのことです。

 

犬の分離不安は病院で治療できる?

犬,分離不安症,サプリ,薬

犬の分離不安症は、病院で薬をもらって飲ませれば簡単に直るものでしょうか。

例えば脳の病気や認知症などは飼い主さんの手には負えません。

症状が強い場合はこれが疑われます。

そのときは、まず行動学に詳しい獣医さんへ相談しましょう。

でも一般的に犬の分離不安症の原因は、脳の病気ではなく飼い主の過剰な密着と過保護です。

これを改善しないと、どんな薬を使っても効果がありません。

病院や薬に頼るだけではなく、飼い方を見直すといった行動療法が必要になります。

このトレーニングや薬の使用は、分離不安症に詳しい獣医さんのアドバイスを受けましょう。

病院での治療は、不安感を抑える効果のある脳内物質セロトニンの分泌量を高める薬を投与します。

いわば精神安定剤です。

これで分離不安症の原因である不安な気持ちを取り除きます。

軽い症状では、震えと消化器系の疾患があります。

不安な気持ちから震えが止まらない、下痢をしたり吐いたりするなどです。

神経バランスの崩れによるものですが、これは自然に治ります。薬を使うならステロイドです。

ただし、病院での治療は完治のためではありません。

あくまでも手に負えない状態を一旦沈静化するだけの対処療法です。

よって犬の分離不安症は病院で治療できるかと訊かれたら、「手当てはするが治療するのは飼い主」となります。

 

犬の分離不安の薬『クロミカルム』

犬の分離不安の薬には『クロミカルム』が有効です。

クロミカルムは、塩酸クロミプラミンを主成分とする、犬専用の分離不安症の補助療法薬です。

飼い主不在の愛犬の不安やストレスを緩和し、過剰な吠えや不適切な排便・排尿、破壊などの行動を抑えます。犬の不安を和らげてくれる薬です。

普段はいい子なのに、飼い主が留守にするととたんに不安になって悪さをしてしまう。長くほえ続けることで近所迷惑になったり、室内のものを壊したり、ときには嘔吐や自傷行為をすることも。

そんな分離不安症の犬に処方されるお薬は、リラックスさせてくれる効果のある薬です。

脳内で分泌されるセロトニンは、興奮を抑えてリラックス効果をもたらします。

分離不安症の犬には、これが不足しているといわれます。人間でもセロトニンが不足するとうつ状態になるように、犬にもセロトニンが必要なのです。

そこで処方されるのが、クロミカルム。クロミカルムには、セロトニンを増やす作用があります。これによって、犬は落ち着きを取り戻すことができるのです。

ただし、この薬だけを飲んでいれば病が治るというわけではありません。

分離不安症の治療は、クロミカルムによる薬物療法と行動療法の二つで成り立ちます。

薬で興奮が抑えられても、それはあくまでも薬の力。根本的に病気が治ったとはいえません。

行動療法によって犬と飼い主との接し方が改善されてこそ、分離不安症が治ったといえるのです。

薬を飲んで心を落ち着かせることで、行動療法の効果を高めることができます。

クロミカルムを服用しながら、行動療法を行っていきましょう。

犬の分離不安症に効く薬『クロミカルム』はネット通販が安いです。

クロミカルム(Clomicalm)の通販はこちら

送料無料で通販可能です

 

犬の分離不安症の治療

犬,分離不安症,サプリ,薬

犬の分離不安症は、飼い主さんにとって悩みの種ですよね。

それ以上に、犬の心や身体に負担をかけるものでもあります。できるだけ早く、症状を和らげてあげたいですね。

犬の分離不安症の治療は、行動療法と薬物療法を平行して行うことが多くあります。心を落ち着かせる薬を使用しながら、行動療法によって犬の不安を解消していきます。

行動療法は、飼い主が犬への接し方を変えるところから始まります。飼い主が変わることで犬は学習し、互いによい関係を築いていくことで、不安が除かれるのです。

では、具体的にどうすればよいのでしょうか。

  • 外出の前後は、犬を無視すること。
  • 留守番中の失敗を怒ってはいけない。
  • いつでも、人間が主体となること。
  • 一緒にいるときでもケージに入れるなどして、距離をおくこと。
  • 犬が一人でいる時間を増やしていくことなどなど。

一方で、これらの方法を否定する意見もあります。

犬の気持ちが分かっていない療法だと言う人もいます。

人間の子育てと同じように独自の方法で接し、病を克服したという人もいます。

治療を始めるうえで大事なことは、きちんと専門家に相談することではないでしょうか。

独自に調べてしつけをするより、プロの意見を聞くことをおすすめします。

薬物療法のことは獣医師に、行動療法はその道に精通した信頼できる人に。それぞれのプロに、まずは相談してください。

行動療法で大事なことは、飼い主さんの心がけです。

これまでとは違うように犬に接するので、飼い主さんにも不安はあるでしょう。

しかしこれが、犬の不安を緩和して上手に生活するための方法です。

信頼できる専門家の下で、飼い主さんやその家族が変わっていくことが大切です。

 

犬の分離不安症に効くアロマ

犬,分離不安症,サプリ,薬

リラックスのために、健康のために、効果的なアロマ。人間の世界で注目されるそれは、犬にとっても効果的なんです。

よい香りのオイルでやさしくマッサージすれば、犬も人も心がほぐれます。

例えば、こんなふうにアロマをしてみましょう。

スウィートマジュラムは、ストレスの緩和に効果がある精油です。緊張感を和らげることができるので、分離不安を抱える犬におすすめです。

オリーブオイルかホホバ湯を、30ML。そこに、バレリアンとクラリセージを一滴ずつ。そして、ラベンダーとスウィートマジュラムを2滴ずつ。これで、アロマオイルの出来上がりです。

これを3滴ほど手のひらに伸ばし、犬をやさしくマッサージ。わきの下や太ももの裏、耳の先になじませます。そうそう、使う前に、パッチテストをお忘れなく。

アロマに詳しい方ならよいのですが、こんなふうに書かれてもぴんとこないという方も多いでしょう。何の知識もないまま、すぐにアロマをしてあげることはできませんよね。

そこで、犬のためのアロマを習ってみるという方法があります。犬のためのアロマやマッサージについての講座に参加したり、自宅で学べる講座もあります。興味のある方は、ちょっと勉強してみてはいかがでしょうか。

分離不安症の治療といえば、薬と行動療法が一般的です。

そこにアロマの力を足すと、犬と飼い主のスキンシップになりますね。

よい香りに、お互いに癒されそうです。たまにはゆったりと時間をとって、アロマで不安解消してみてはいかがでしょうか。

犬猫の分離不安症の薬

犬猫分離不安症の薬 クロミカルム(Clomicalm)

犬猫分離不安症の治療薬 アナフラニールジェネリック

個人輸入ならペットのお薬が安く通販できますよ

ペットの医薬品やサプリメントを安く購入

当サイト限定
200ポイントクーポンコード REH3GHF6
※ 会員限定・有効期限 2017/9/1(金) 〜 11/30(木)

クーポン対象商品の一例
目のにごり、白内障に…↓
C-NAC(クララスティルと同内容)

HOT3

炭酸水ウォーターサーバーキララ 1

ウォーターサーバーキララが我が家にやって来ました! キララには開封設置サービスもありますが、8,000円かかる有料サービスです。 自分で設置できるかなーと思ったので、有料設置サービスは申し込みませんで ...

【ウォーターサーバーキララ】口コミ 2

ウォーターサーバーキララの口コミが気になっていますか? 私はデビューしてすぐに、お家に設置しました。 口コミは調べてみたのですが、まだ少なかったですね。 新発売のウォーターサーバーだからだと思います。 ...

ウォーターサーバーキララ浅田真央 3

炭酸水ウォーターサーバーキララのデビュー記者会見に潜入してきました!   フィギュアスケーターの浅田真央さんが、2017年4月12日に引退会見を行いましたね。 試合での演技は見られなくなりま ...

-ペット, 生活のこと
-, , ,

Copyright© 主婦ナビ【美容・お金・子供】綺麗とお得最新情報 , 2017 AllRights Reserved.