アトピー

アトピーと不妊は関係ある? どちらも○の○が原因だった

アトピー不妊関係

アトピーと不妊は関係あるのでしょうか。

このページでは「アトピーと不妊の関係と、原因を知って不妊を克服する」をテーマに解説しています。

 

アトピーの人は妊娠しにくい 最重要は早めの妊活と血の巡り

アトピーの人は月経不順、月経異常になりやすいので子供がほしいと思っている人は早めに妊活をするのが良いですよ。

妊娠は年齢を重ねるとしにくくなるのはよく言われていますね。

私も自分の妊活体験を通じて、切実に思いました。(約8ヶ月の妊活で無事に妊娠することができました)

 

自然妊娠の確率をデータでみると、35歳で18%、40歳で5%という低い数値です。

これは女性全体の数値なので、アトピーにかぎらず高齢になると妊娠しにくいことがわかります。

 

私も結婚するまでは、アトピーと不妊は関係ないと思っていました。

でも、いろいろ調べてみたところ、すごく関係しているとがわかりました。

生理前は体温も上がりアトピーが悪化する女性が多くなります。

アトピー性皮膚炎の7割の方が月経異常です。

アトピーと生理不順は両方とも血の流れをスムーズにすることで改善されていくそうです。

 

私は以下のことに気をつけて妊活しました

生活習慣も夜更かし、ストレス、糖分の過剰摂取、脂質・カロリーの多い食事には気をつけなければなりません。

これはアトピー、月経不順の人に限らずみんなそうです。

よく睡眠時間のゴールデンタイムと聞いたことがあるのではないでしょうか?

その時間は22時から深夜2時とされています。

最近ではコレに異論を唱える専門家もいて、入眠後~4時間に成長ホルモンが分泌されやすいそうです。

どちらの意見が正しいのかわかりませんが、私は22時間~というのを信じてできるだけ21:30には、ベッドに入るようにしていました。

これがけっこう難しいんですけどね^^;

この時間に眠りについていると、お肌の調子が良くなってきた気がします。

新陳代謝が高まったからでしょうか。

アトピーの方なら、この時間に起きていると体内に熱がこもりアトピーが悪化すると聞いたことがあります。

妊娠希望でなくても、このゴールデンタイムに寝るのはいいことだと思います。

あとは、血液はサラサラにすることが大事です。

アトピーの症状悪化だけでなく生理にも関係しているのです。

血液のめぐりが悪いと、受精卵が着床しにくくなります。

[st-kaiwa3]不妊治療していたらアトピーが改善したなど聞きます。このことからアトピーと不妊は深い関係があると考えられています。[/st-kaiwa3]

私はお風呂の入浴剤とボディケア用品もアトピー用でそろえました。

『みんなの肌潤セット』

少しお値段が高いけどおすすめです。

 

アトピーのかゆみ対策 お肌のケアで私がやっていること

アトピーで悩んでいる方は沢山いらっしゃいます。

私もアトピー持ちでしたし、以前販売のお仕事をしていて、毎日のようにアトピーで悩む方の話を聞いていました。

顔に使う市販のスキンケアは刺激が強いので使えない。

メークも奇麗に仕上げたいのに皮膚がぼろぼろだし、かゆくなるのでメークもできない、といった悩みでした。

顔だけではなく、体全体もかゆくなりひどいときには眠れません。

アトピーで無い人には想像することができないほどで気が狂いそうになることもあります。

女性の方は露出のある洋服は避ける傾向が強く、特に夏場は本当に困りますね。

心無い人がアトピーの方の皮膚を見て露骨にいやな顔をすることもあります。

そのときものすごく落ち込みます。

すごくかゆいときには保冷材を使っていました。

冷蔵庫で冷やしておいて、低温やけどをしないように、薄いタオルに巻いて冷やすのですが、冷やしすぎないことに注意する必要があります。

そのあとはいつも使っているスキンケアなどを使い(使い慣れているスキンケアを使うと肌も潤いかゆみが抑えられる人もいます)、血が出てしみる人は軟膏など塗ると、少しかゆみが治まります。

 

冬のアトピー肌対策

冬など空気が乾燥している時は、皮膚も乾燥してしまいますのでかゆくなります。

ですから室内加湿器を使うと良いでしょう。

暖房など入れることも多いと思いますが、暖めすぎないことも大事です。

暖かすぎると、皮膚が乾燥してかゆくなります。

あと、かきむしって傷になるのを予防するために、つめを短く切っています。

 

食生活と生活週間の改善

アトピー性皮膚炎には有効な特効薬がありません。

かゆみを抑える薬、食事、生活改善で治していくしかありません。

 

食事に気をつけましょう

アトピーは体温が上がるとかゆみが出るので、それを抑える食事が良いです。

例えば、雑穀米は熱をとるのに効果的です。

緑豆はアトピーの赤みを取る作用があり便通も良くします。

玄米・雑穀米は便秘症の人に良いです。

消化酸素が多く含まれている生の果物もいいです。

[st-kaiwa3]ちなみに朝食前の空腹時に果物を食べると太りにくいです。[/st-kaiwa3]

 

十分な血液量を作るための食べ物

鉄分の多い黒ゴマ、黒豆、緑黄食野菜、にんじん、ほうれん草 牛肉、レバーなどです。

妊婦さんはとくに鉄分は取るようにしたほうがいいと思います。

私も妊娠していたときはレバーなどをとっていました。

水分も血をサラサラにします。

水分を多く取ることで、血液を薄めサラサラにすることができます。

[st-kaiwa1]水分は手軽に誰でもいつでも補給することができますね。[/st-kaiwa1]

 

私の友人の話 アトピーと不妊治療をがんばる彼女

友人で不妊治療をしている人がいます。

年齢も40歳を過ぎたこともあり妊娠しにくくなっています。

病院で治療し、パートでその費用を稼ぎ大変な思いをしてがんばっています。

私のアトピーと不妊克服体験について話したところ、彼女も納得していました。

彼女のアトピーは私より軽いものでしたが、冷え性でもありました。

話をきくと、手足がいつも冷えていて、血のめぐりが悪いみたいです。

不妊に関しても、月経異常だそうです。

血の巡りをよくする生活習慣と食生活を改善していくようにアドバイスしてみました。

アトピーの改善も不妊治療に有効なものも、血のめぐりです。

 

簡単にできる 代謝、血の巡りをよくする方法

血のめぐり、代謝をよくするために簡単にできる方法を紹介します。

血のめぐりがよくなると、代謝もあがってくるという相乗効果が期待できますよ。

 

血の巡りをよくする方法

  • 40℃前後の湯船に浸かって体をマッサージする(優しく)
  • おなかを冷やさないように腹巻をする
  • 手が冷える場合は手袋をする(冬)
  • 足には厚手の靴下、首にはマフラーで暖かく

代謝をよくする方法

代謝をよくするために、ウォーキングがおすすめです。

私は、仕事の通勤とは別に、毎日30分~40分はウォーキングをしていました。

マラソンやジムなどは長続きしないので、思い気軽にできるウォーキングを選んだのですが、これが正解だったみたいです。

血の巡りも代謝も、すぐに効果がでるものではないですから、続けることが秘訣です。

 

めぐりを助けるサプリメント ランキング

ママルナ

授かる幸せ実感!初回980円・返金保証つき
和漢と酵素のチカラで吸収率を大幅にUPする事で、健康な本来のカラダを取り戻せるサプリメントです。
30歳を過ぎて妊活を始めてみたけど、中々妊娠できない女性むけの妊活サプリ。

妊活サプリ『ママルナ』公式サイトへ

めぐりの葉酸

身体の不調・鉄分不足による貧血をサプリでたすける「めぐりの葉酸」
発酵の力に注目!

めぐりの葉酸 公式サイトへ

小林製薬「エクオール」

発酵大豆イソフラボン「エクオール」を直接摂取するサプリだから、体内でエクオールが作れない方も問題なし。
40代の 月経前症候群 (PMS)、ホルモンバランスのみだれをサポート。

【小林製薬】エクオール 公式サイトへ

まとめ アトピーと不妊は関係あるが妊娠も可能!

アトピーと不妊両方に、血のめぐりが関係しています。

血の巡りをよくすることで、不妊を改善することが可能だと私は実体験で思いました。

生活習慣や食事、サプリメントを効果的に使いましょう。

アトピーの方で妊娠を希望するなら、少しでも早い時期に妊活をスタートしたほうが、妊娠の確率が高いことも確かです。

[st-kaiwa3]アトピーも不妊も血液のめぐりで改善![/st-kaiwa3]

少し高いけどおすすめの入浴剤です。みんなの肌潤セット

 

アトピー関連記事

[st-card id=1235]

[st-card id=1258]

[st-card id=1246]

[st-card id=1317]

[st-card id=1369]