白血病

母が急性リンパ性白血病で入院。

3/28水曜日

2月のインフルエンザの後から調子が悪かった母が病院にいって検査をしました。

結果は急性リンパ性白血病でした。

 

フィラデルフィア染色体の有無は来週にわかります。

母はエホバの証人なので輸血拒否です。

なのでできる治療方法が限られます。

私はエホバの証人ではありません。

何度も脱会?を試みましたが、私が生まれる前から信仰をもっている母は頑なで、今は諦めています。

ですから、本人の意思を尊重し、輸血を説得はしません。

 

母は糖尿病なので、治療による副作用で糖尿病に悪影響がでる可能性が大きいです。

とりあえず、血糖値があがってしまったとしても、抗がん剤ではない飲み薬で対処します。

3日土曜日に一度退院し、6日の火曜日に入院です。

 

先生からの説明によると

通常3000~5000の白血球数が母の場合は69,000。

何もしないなら、余命1ヶ月~2ヶ月だそうです。

 

母が入院した病院は母が一人暮らしをする家(私の実家)から1時間半、私の自宅から車で2時間半のところです。

エホバの証人を受け入れてくれる病院で近いところがココでした。